日刊!目のニュース
2024年06月23日(日)
 日刊!目のニュース

小学生がカラコンで通学!?利用者の低年齢化が進む

メガネ・アイウェア
コンタクトレンズ
目の健康
メガネ選び
おもしろ
ファッション
コスメ・メイク
恋愛
ランキング・調査
目のニュース新着






























小学生がカラコンで通学!?利用者の低年齢化が進む

このエントリーをはてなブックマークに追加
学校現場でもカラーコンタクトレンズ装用者が増加中
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーの調査で、カラーコンタクトレンズ装用者の低年齢化が進んでいることがわかった。

同社はこのほど、学校で保健指導を行っている養護教諭を対象に、「若年層のコンタクトレンズ装用について」のアンケート調査を実施した。これによると養護教諭の61.2%が「カラーコンタクトレンズを装用している生徒が増えている」と感じている。

年代別では小学校で48.9%、中学校では44.9%、高校になると84.9%の養護教諭が、カラーコンタクトレンズの装用者が増えていると感じている。カラーコンタクトレンズを付けて登校する小学生が存在することに驚かされる。

カラーコンタクトレンズ装用者
(画像はプレスリリースより)

安易な使用がトラブルに!
目に直接触れるコンタクトレンズでは、不適切な使用によるトラブルが発生しやすい。「カラーコンタクトレンズの安易な使用がトラブルの原因になっていると思うか?」との問いに、「そう思う」と回答した養護教諭は90.0%に昇った。

宇津見眼科医院 宇津見義一院長は、今回の調査結果をふまえて、次のように語っている。
カラーコンタクトレンズは、おしゃれ目的で若い女性を中心に人気を集め、学校現場でも使用者が増加していますが、大人でも眼障害が増加しているなか、自己責任のとれない子どもたちにはカラーコンタクトレンズ使用はすすめられません。カラーコンタクトレンズの使用目的は美容であり、学校現場では美容は不要です。(「プレスリリース」より引用)

ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケア カンパニーでは、コンタクトレンズの正しい知識を広めるために、宇津見義一氏の監修による啓発資料『中学生・高校生のためのコンタクトレンズガイド』を、学校を通じて無料配布している。


外部リンク

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーのプレスリリース
http://acuvue.jnj.co.jp/corp/press/p0130.htm

  • メイクテクニックを投稿しよう!「二重メイクコンテスト」締め切り迫る(1月1日)
  • FGO・マシュのコラボメガネ、よりシンプル&そっくりになって新登場!(1月1日)
  • 【2018】好きなメガネを選べる!スーパーお得なメガネ福袋をチェック!(12月29日)
  • カラーコンタクトブランド「ビュームワンデー」に新色登場!ミューズは本田翼さんに決定!(12月28日)
  • インテグレートの春メイク、おさえておきたいカラーは「フューチャーエナジー」!(12月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->