日刊!目のニュース
2022年12月08日(木)
 日刊!目のニュース

危険に対応するための神経回路が存在する!

メガネ・アイウェア
コンタクトレンズ
目の健康
メガネ選び
おもしろ
ファッション
コスメ・メイク
恋愛
ランキング・調査
目のニュース新着






























危険に対応するための神経回路が存在する!

このエントリーをはてなブックマークに追加
危険に遭遇したときにいかに行動するか
危険に遭遇したときに、思考が止まり、すくんでしまいますか?
危険との遭遇
ダーウインはそんな行動原理を有している場合には、生き残れないと考え、The expression of emotions in man and animalsと言う文献の中で、ヘビのような恐怖の対象を見た場合には、人間を含む動物の認知情報処理速度は上昇すると記載しています。

しかし、その後の心理学の世界では人は危険に遭遇したとき、思考停止がおこり、すくんでしまうというのが定説でした。

京都大学の研究
2014年11月6日に京都大学が人でヘビの写真を見たときの認知情報処理速度を測定し、危険に遭遇したときには認知情報処理速度が上昇することを明らかにしました。

理化学研究所の研究
理化学研究所は2014年11月21日、危機回避行動は経験によるものであるとの仮説から、遺伝子を改変したゼブラフィッシュを用いて手綱核-縫線核神経回路によるセロトニン制御がその行動に関与していることを見いだしました。

危険に遭遇した際に、たまたま取った行動が、危険を避け得た場合にほっと安心してその行動を記憶し、次に危険に遭遇した場合に、危険予測値をたて、それに従って、行動するということです。

理化学研究所の研究成果はあらかじめ危険を避けるための仕組みを解明したものです。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

京都大学 プレスリリース
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2014/

理化学研究所 プレスリリース
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20141121/index.html
  • メイクテクニックを投稿しよう!「二重メイクコンテスト」締め切り迫る(1月1日)
  • FGO・マシュのコラボメガネ、よりシンプル&そっくりになって新登場!(1月1日)
  • 【2018】好きなメガネを選べる!スーパーお得なメガネ福袋をチェック!(12月29日)
  • カラーコンタクトブランド「ビュームワンデー」に新色登場!ミューズは本田翼さんに決定!(12月28日)
  • インテグレートの春メイク、おさえておきたいカラーは「フューチャーエナジー」!(12月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->