日刊!目のニュース
2024年06月24日(月)
 日刊!目のニュース

母親が我が子とペットを見るときの感情を比べて見ました

メガネ・アイウェア
コンタクトレンズ
目の健康
メガネ選び
おもしろ
ファッション
コスメ・メイク
恋愛
ランキング・調査
目のニュース新着






























母親が我が子とペットを見るときの感情を比べて見ました

このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもとペットの犬を見たときの母親の脳の反応
2014年10月3日、マサチューセッツ総合病院(米国)はハーバード大学医学大学院(米国)とハーバード大学(米国)と共同で、fMRIを用いて、自分の子どもかペットの犬を見たときの母親の脳の反応を比較した文献をPLOS ONE誌で公開しました。
子どもと犬を見るときの母親の脳の活性化
(画像はイメージです)

fMRIは脳に影響を与えることなく、外部刺激によって脳のどの部位が活性化するかを測定するものです。

研究内容
対象は22歳から45歳の女性で、2歳から10歳までの子どもが一人はいて、少なくとも2年以上飼育している犬をペットにしていることを条件にしました。

子どもの写真とペットの犬の写真、知らない子どもの写真、知らない犬の写真4枚ずつを順に見せ、その間の脳の活性化部位をfMRIで測定しました。

その結果、知らない子どもの写真や知らない犬の写真では、脳が報酬を得た(楽しい気持ちなる)際に活性化する脳の部分は活性化しませんでした。

自分の子どもとペットの犬の写真を見たときには報酬を得た際に活性化する脳の部分は子どもでもペットでも同じように活性化しました。

自分の子どもとペットの写真を見たときに、活性化に差があったのは外側後頭側頭回です。この部分は顔や社会的認識を行う際に活性化する部分です。子どもでは活性化が低く、ペットでは活性化しました。
子どもと犬を見るときの母親の脳の活性化
(画像は文献のFigure4.)

この違いは子どもとペットを見るときの認識方法に差がある可能性を示唆しています。

今回の試験は少数で親と子の関係が同一で、ペットの犬に限られていました。今後は子どものいない人のペットを見たときや他の動物で検討することにより、今回得られた結果が一般化できるかどうかの検討が必要です。


外部リンク

マサチューセッツ総合病院 発表論文
Stoeckel et al.
Patterns of Brain Activation when Mothers View Their Own Child and Dog: An fMRI Study.
PLoS ONE 9(10): e107205. doi:10.1371/journal.pone.0107205
http://www.plosone.org/article/

  • メイクテクニックを投稿しよう!「二重メイクコンテスト」締め切り迫る(1月1日)
  • FGO・マシュのコラボメガネ、よりシンプル&そっくりになって新登場!(1月1日)
  • 【2018】好きなメガネを選べる!スーパーお得なメガネ福袋をチェック!(12月29日)
  • カラーコンタクトブランド「ビュームワンデー」に新色登場!ミューズは本田翼さんに決定!(12月28日)
  • インテグレートの春メイク、おさえておきたいカラーは「フューチャーエナジー」!(12月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->