日刊!目のニュース
2022年05月16日(月)
 日刊!目のニュース

人間の色覚は人によって違う?

メガネ・アイウェア
コンタクトレンズ
目の健康
メガネ選び
おもしろ
ファッション
コスメ・メイク
恋愛
ランキング・調査
目のニュース新着






























人間の色覚は人によって違う?

このエントリーをはてなブックマークに追加
この服は何色?
ネットに掲載された写真が、何色に見えるかが話題になっています。人間の色覚に個人差がある証拠ではないかと注目する眼科医や脳科学者がいます。
optical illusion dress
75%の人は白色と金色と答えましたが、残りは青色と黒と答えました。(写真は外部リンクを参照してください)

服を作ったメーカーは青色と黒と答えています。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
ニュートンは光は屈折率の違いによって七つの色光に分解され、これらの色光が人間の感覚中枢の中で色彩として認識されるとしました。

これに関して詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家で詩劇「ファウスト」で知られているヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテは「色彩は単なる主観でも単なる客観でもなく、人間の眼の感覚と、自然たる光の共同作業によって生成するものである。」とその著書「色彩論」で述べています。

単なる詩人が、色彩に関して文学論的に述べていると取られているかもしれませんが、これは現在の理論に近いものです。

現在の色彩論
人は樹上生活をしていた原猿が、直立して平地で暮らすようになったときに色彩を手に入れたといわれています。

人は、眼(網膜)から得た情報を、脳が処理した上で色彩として認識しているというのが、現在のところ定説となっています。

つまり、ゲーテのいう、「眼の感覚」を脳における情報処理と考えると現在の理論の先取りであることが分かります。

人は明るいところと暗いところで、視神経を使い分けています。このため、明るさにより、色の感じ方が変わります。

写真の光度を処理することによって、全員が金と白あるいは青と黒に見えるようになります。これは、明るいか暗いかを判断する基準に個人差があることの証拠の一つになっている可能性があります。

(画像はイメージです)


外部リンク

Mail Online(文中の服の写真があります)
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2971409/

Nature
http://www.nature.com/news/hues-and-cry-1.17030

  • メイクテクニックを投稿しよう!「二重メイクコンテスト」締め切り迫る(1月1日)
  • FGO・マシュのコラボメガネ、よりシンプル&そっくりになって新登場!(1月1日)
  • 【2018】好きなメガネを選べる!スーパーお得なメガネ福袋をチェック!(12月29日)
  • カラーコンタクトブランド「ビュームワンデー」に新色登場!ミューズは本田翼さんに決定!(12月28日)
  • インテグレートの春メイク、おさえておきたいカラーは「フューチャーエナジー」!(12月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->