日刊!目のニュース
2023年02月06日(月)
 日刊!目のニュース

黄斑変性症向けのコンタクトレンズのプロトタイプ発表

メガネ・アイウェア
コンタクトレンズ
目の健康
メガネ選び
おもしろ
ファッション
コスメ・メイク
恋愛
ランキング・調査
目のニュース新着






























黄斑変性症向けのコンタクトレンズのプロトタイプ発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
AAASの年次総会で展示
スイス連邦工科大学ローザンヌ校(École polytechnique fédérale de Lausanne:EPFL)は全米科学振興協会(Advancing Science, serving society:AAAS)の年次総会(2015年2月12-16日:米)にTelescopic contact lensesという黄斑変性症の視野を改善するコンタクトレンズのプロトタイプを発表した。
Telescopic contact lenses
黄斑変性症
網膜に黄斑が生じ、中心視力が低下する病気である。新生血管によって生じる黄斑変性症は、レーザーや薬剤によって新生血管の成長を抑えることにより、治療可能であるが、黄斑部に色素沈着が生じることによる黄斑変性症に関しては治療法が無く、視野の回復のために拡大鏡、高倍率の読書用眼鏡、コンピュータ画面、遠用レンズなどの低視覚補助具を用いて、視覚を確保する。

Telescopic contact lenses
Telescopic contact lensesは1.55mmという非常に薄いレンズのなかに、反射型望遠鏡のような仕組みを詰め込んだものである。

反射型望遠鏡は、ものを拡大することに反射を用いており、比較的小型で大きな倍率を得ることができる。

2013年からスイス連邦工科大学ローザンヌ校はTelescopic contact lensesを発表していた。しかし、日本でもカラーコンタクトレンズで問題視されている酸素の透過性に問題があった。

今回発表されたレンズは約0.1mmの酸素供給用の空気孔を設けることによりこの問題を解決した。

商品化を目指して現在更に研究が行われている。

Wink-controlled glasses
黄斑変性症では片目をつぶる(ウインクする)と視野が広がることがある。これを自動的に行うWink-controlled glassesも試作品がスイス連邦工科大学ローザンヌ校により展示されている。

(画像はプレスリリースより Credit: Eric Tremblay and Joe Ford. Courtesy of EPFL.)


外部リンク

ScienceDaily Featured Research
http://www.sciencedaily.com/releases/2015/02/

  • メイクテクニックを投稿しよう!「二重メイクコンテスト」締め切り迫る(1月1日)
  • FGO・マシュのコラボメガネ、よりシンプル&そっくりになって新登場!(1月1日)
  • 【2018】好きなメガネを選べる!スーパーお得なメガネ福袋をチェック!(12月29日)
  • カラーコンタクトブランド「ビュームワンデー」に新色登場!ミューズは本田翼さんに決定!(12月28日)
  • インテグレートの春メイク、おさえておきたいカラーは「フューチャーエナジー」!(12月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->