日刊!目のニュース
2024年05月27日(月)
 日刊!目のニュース

富士山が噴火したらコンタクトはすぐに外して!角膜損傷の危険アリ

メガネ・アイウェア
コンタクトレンズ
目の健康
メガネ選び
おもしろ
ファッション
コスメ・メイク
恋愛
ランキング・調査
目のニュース新着






























富士山が噴火したらコンタクトはすぐに外して!角膜損傷の危険アリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
富士山噴火、降灰の備えを万全に
富士山の噴火を警戒するニュースが目につくようになった。内閣府では富士山から離れた東京などでも、火山灰が降り積もると想定しており、注意を呼びかけている。

首都圏にも被害を及ぼす富士山の噴火に、我々はどのような備えをしておくべだろうか。

内閣府の防災部門によると、降灰時の注意として、
灰を吸わないようにマスクや、ゴーグルを着用する。
家の窓を閉めて建物を密閉する。
車は灰を巻き上げて視界が悪くなったりスリップしやすいので、運転は極力控える。

などを挙げている。

「NEWSポストセブン」が紹介した、防災システム研究所・山村武彦所長のアドバイスによると、富士山から30km圏内に住む人は疎開場所を決めておいたほうがいいということだ。

100km圏内でも火山灰の影響で、首都機能が長期間マヒする可能性があるため、長期戦を覚悟しておく必要がある。食料と水の準備は最低でも1週間分は必要。可能であれば、自家発電機も備えておけば安心だ。

コンタクトレンズ
   (画像:富士山火山防災マップ)

コンタクトはすぐに外す
実際に火山灰が降ってきたら、なるべく外出を控えること。特に呼吸器系疾患をもつ人や乳幼児、高齢者には注意が必要だ。

やむを得ず外出する際は、「マスク」や「ゴーグル」で火山灰から身を守ろう。灰は目や耳にも入るので、目薬と綿棒も用意しておいたほうがいい。外出から戻ったら、シャワーを浴びて必ずうがいをすることも大切だ。

コンタクト使用者の場合は、
コンタクトレンズはすぐ外さないと眼球とくっついて角膜損傷(「NEWSポストセブン」より引用)

になる危険があるという。

窓ガラスには飛散防止フィルムを貼り、ドアや窓の隙間はテープなどで塞ぐ。スマートフォンやパソコンにもカバーをかけて、火山灰の侵入を防ごう。

山村所長の丁寧なアドバイスを参考に、万が一の災害に備えたい。

外部リンク

富士山火山防災マップ
http://www.bousai.go.jp/fujisan-kyougikai

NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/

  • メイクテクニックを投稿しよう!「二重メイクコンテスト」締め切り迫る(1月1日)
  • FGO・マシュのコラボメガネ、よりシンプル&そっくりになって新登場!(1月1日)
  • 【2018】好きなメガネを選べる!スーパーお得なメガネ福袋をチェック!(12月29日)
  • カラーコンタクトブランド「ビュームワンデー」に新色登場!ミューズは本田翼さんに決定!(12月28日)
  • インテグレートの春メイク、おさえておきたいカラーは「フューチャーエナジー」!(12月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->