日刊!目のニュース
2022年12月08日(木)
 日刊!目のニュース

蛍光で光る花を遺伝子組み換え技術で開発

メガネ・アイウェア
コンタクトレンズ
目の健康
メガネ選び
おもしろ
ファッション
コスメ・メイク
恋愛
ランキング・調査
目のニュース新着






























蛍光で光る花を遺伝子組み換え技術で開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
トレニアに海洋ブランクトン由来の蛍光タンパク質を導入
2014年11月21日、農研機構、NECソリューションイノベータ、インプランタイノベーションズ、奈良先端科学技術大学院大学が産学官連携の共同研究により「光る花」を開発したと発表しました。
光る花
研究成果はPlant Biotechnologyに2014年10月30日からオンライン版で公開されています。

この「光る花」は国立科学博物館(東京都台東区)で開催されている特別展「ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る!」(主催: 国立科学博物館、日本経済新聞社、BSジャパン)で実際に見ることが可能です。

研究内容
「光る花」はトレニアに海洋ブランクトン由来の蛍光タンパク質を遺伝子組み換え技術で導入することによって開発。

蛍光タンパク質を導入したことにより、光を当てることにより、発色します。光の波長や観察に用いるフィルターの違いにより見え方が異なることから、観賞性が高まっています。

蛍光タンパク質の発現量を上昇させるために、転写終結因子の配列を工夫することにより、強い蛍光を得ることができたとのこと。

植物にも蛍光物質が存在することから、その蛍光物質が活性化しない青色光(波長470nm付近)で活性する蛍光物質を採用。

ドライフラワーにしてもその蛍光発色性は失われません。

現在のところ、用途としては観賞用が選択されています。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

NECソリューションイノベータ プレスリリース
http://www.nec-solutioninnovators.co.jp/press/20141121/
  • メイクテクニックを投稿しよう!「二重メイクコンテスト」締め切り迫る(1月1日)
  • FGO・マシュのコラボメガネ、よりシンプル&そっくりになって新登場!(1月1日)
  • 【2018】好きなメガネを選べる!スーパーお得なメガネ福袋をチェック!(12月29日)
  • カラーコンタクトブランド「ビュームワンデー」に新色登場!ミューズは本田翼さんに決定!(12月28日)
  • インテグレートの春メイク、おさえておきたいカラーは「フューチャーエナジー」!(12月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->