日刊!目のニュース
2024年06月24日(月)
 日刊!目のニュース

2014年のノーベル医学・生理学賞は「脳内GPS」細胞の発見に

メガネ・アイウェア
コンタクトレンズ
目の健康
メガネ選び
おもしろ
ファッション
コスメ・メイク
恋愛
ランキング・調査
目のニュース新着






























2014年のノーベル医学・生理学賞は「脳内GPS」細胞の発見に

このエントリーをはてなブックマークに追加
カロリンスカ医科大学が発表
2014年10月6日、スウェーデンのカロリンスカ医科大学は今年のノーベル医学・生理学賞は、John O’Keefe(ジョン・オキーフ)英ロンドン大学教授とMay-Britt Moser(マイブリット・ モーザー)、Edvard Moser(エドバルド・モーザー)ノルウェー科学技術大教授夫妻に与えることを発表しました。賞金は半分をオキーフ氏が受け取ります。
ノーベル賞
(画像はプレスリリースより)

受賞の対象になったのは、自分のいる場所、どこへ向かっているかを把握する細胞の発見に関してです。

研究内容
脳に自分の位置を認識し、それを記憶する細胞が存在するのを発見したのは、1971年のオキーフ氏の「place cells(場所細胞)」の発見に始まります。

オキーフ氏はラットが特定の場所にいるときに常に活性化する細胞が海馬にあることを見つけました。さらに他の場所に移動すると海馬の違う場所が活性化することから、この細胞は部屋の地図を作っていると結論づけました。

それから30年後の2005年にモーザー夫妻は脳の位置を認識するシステムの新たな重要なコンポーネントを発見しました。place cellsとは異なった神経細胞で「grid cells」と名付けました。この細胞群は共同作業を行い、正確な位置決めと道順を示すことを確認しました。

3人の研究は何世紀も哲学者と科学者を悩ましてきた問題に回答を与えました。その問題とは 、「どのようにして脳は自分の周りの地図を作ることができるのかそして、この複雑な環境で自分を案内できるのかです。」

脳の位置を認識するシステムは記憶、思考、立案に関する脳の働きに関して、細胞間の精密な共同作業が行われていることを明らかにし、細胞の働きの理解にパラダイムシフトを与えました。


外部リンク

Karolinska Institute Press Release
http://ki.se/en/news/2014-nobel-prize-in-physiology
  • メイクテクニックを投稿しよう!「二重メイクコンテスト」締め切り迫る(1月1日)
  • FGO・マシュのコラボメガネ、よりシンプル&そっくりになって新登場!(1月1日)
  • 【2018】好きなメガネを選べる!スーパーお得なメガネ福袋をチェック!(12月29日)
  • カラーコンタクトブランド「ビュームワンデー」に新色登場!ミューズは本田翼さんに決定!(12月28日)
  • インテグレートの春メイク、おさえておきたいカラーは「フューチャーエナジー」!(12月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->