日刊!目のニュース
2022年05月16日(月)
 日刊!目のニュース

瞬きの頻度の個人差はニコチン受容体の遺伝子多型に関わることを発見!

メガネ・アイウェア
コンタクトレンズ
目の健康
メガネ選び
おもしろ
ファッション
コスメ・メイク
恋愛
ランキング・調査
目のニュース新着






























瞬きの頻度の個人差はニコチン受容体の遺伝子多型に関わることを発見!

このエントリーをはてなブックマークに追加
瞬きの頻度
普通の状態での瞬きの頻度には大きな個人差があります。1分間に数回という人から40回以上の人もいます。
瞬目率
パソコンやスマートフォンの画面を見つめていると、瞬きの回数が減り、目を潤している涙が乾くことから、乾燥感につながり、夕方ドライアイという症状を示すことがあります。

瞬きは神経伝達物質であるドパミンを摂取すると増加します。このことから、ドパミンが瞬きを増やすと推定されていますが、ドパミンの受容体の遺伝子多型では瞬きの差は説明できませんでした。

大阪大学は、京都大学と共同でニコチン受容体の遺伝子多型が瞬きの個人差を反映していることを発見しました。

研究成果は、2015年3月2日から、Scientific Reportsのオンライン版で公開されています。

研究内容
ニコチン受容体の遺伝子多型を有する人47名と、そうでない人57名の瞬目率を測定したところ、ニコチン受容体の遺伝子多型を有する人で瞬目率が上昇していることが判明しました。

ニコチン受容体はドパミン神経の活動を調節していることから、ドパミン投与による瞬目率の上昇とも矛盾しません。

研究の応用
ニコチン依存症は、喫煙によるニコチン依存症のなりやすさと関連することが知られています。

遺伝子多型の診断は、血液検査により行うことができますが、高価な検査になります。

ニコチン依存症のなりやすさをニコチン受容体の遺伝子多型から検討するために、瞬目率を簡便なバイオマーカーとして利用できる可能性があります。

(画像はイメージです)


外部リンク

大阪大学 プレスリリース
http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2015/20150302_1
  • メイクテクニックを投稿しよう!「二重メイクコンテスト」締め切り迫る(1月1日)
  • FGO・マシュのコラボメガネ、よりシンプル&そっくりになって新登場!(1月1日)
  • 【2018】好きなメガネを選べる!スーパーお得なメガネ福袋をチェック!(12月29日)
  • カラーコンタクトブランド「ビュームワンデー」に新色登場!ミューズは本田翼さんに決定!(12月28日)
  • インテグレートの春メイク、おさえておきたいカラーは「フューチャーエナジー」!(12月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->