日刊!目のニュース
2017年07月23日(日)
 日刊!目のニュース

スターガルト病治療「エミクススタト塩酸塩」にFDAオーファンドラッグ指定

メガネ・アイウェア
コンタクトレンズ
目の健康
メガネ選び
おもしろ
ファッション
コスメ・メイク
恋愛
ランキング・調査
目のニュース新着






























スターガルト病治療「エミクススタト塩酸塩」にFDAオーファンドラッグ指定

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーファンドラッグ(希少疾病用医薬品)指定
眼科医療において医薬品・医療機器の開発や実用化をしている窪田製薬ホールディングス株式会社の子会社アキュセラ・インク(米国シアトル)が開発する新薬が、1月5日にオーファンドラッグ指定の通知を受けました。

オーファンドラッグは希少疾病用医薬品であり、治療が困難な病気や患者数が少ない病気の治療薬です。「オーファンドラッグ法」は医薬品が研究開発されるよう、公的援助制度を整備するためにFDA(米国食品医薬品局)により制定されています。

窪田製薬
網膜を損傷させる遺伝性疾患スターガルト病治療
今回オーファンドラッグ指定を受けた新薬候補はスターガルト病を適応症とする「エミクススタト塩酸塩」です。スターガルト病は網膜に障害をきたし、徐々に視力が低下する希少遺伝性疾患であり、若年者に発症します。遺伝子異常により、視力低下、視野の欠損、色覚異常、歪み、ぼやけ等様々な症状が出ます。8千~1万人に1人に発症し、米国での推定患者は4万人以下ですが、現在症状の進行を抑制する治療法はありません。

脳に映像を認識させる仕組み、視覚サイクルは強い光により有害代謝産物を生成します。スターガルト病は遺伝子の異常により、有害代謝産物が過剰に蓄積され、働きに支障をきたし、網膜が損傷すると考えられています。「エミクススタト塩酸塩」は視覚サイクルに必要な酵素を抑制し、視覚サイクルを調節することにより、有害代謝産物の生成が低下するとされています。

「エミクススタト塩酸塩」での臨床第1相試験は終了しており、現在はスターガルト病患者を対象にした臨床第2相試験の開始に向けて検証しています。

(画像は窪田製薬ホールディングス株式会社HPより)


外部リンク

窪田製薬ホールディングス株式会社 ニュースリリース
http://prw.kyodonews.jp/
  • いい女を目指すなら、インテグレートで目もとを変えてみない?(7月21日)
  • 50代以上に大調査!目のトラブル、ありますか?(7月20日)
  • メガネが一瞬でサングラスに!売り切れ続出の「Front Switch」に待望の夏モデル(7月16日)
  • 秋冬メイクに大活躍!「エクセル」の新色アイシャドウ(7月15日)
  • DyDoヘルスケアから、「目の調子を整える」初の機能性表示食品が登場(7月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->